無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2011/05/31

F1 2011 第6戦モナコGP 観戦! [えふいち]

モナコとモナカってにてるよね。ちょっと腹の減っているチビノですこんにちは。
伝統の一戦モナコ市街地レースですよ!
・・・とかいいながら睡魔に負けて寝てしまった!
というわけで今回もBBCのネット放送の助けを借りました。録画がわりになってちょうどいい具合なんだよね。
今回もヴェッテルがすっとんでいくのかと思いきや、2番手スタートのバトンと4番手スタートのアロンソが終始うしろからせっついて鉄火の先頭グループ3台となってました。いい展開だ!熱いね!そしてこの順でフィニッシュラインを通過しました。やっぱこのレッドブルとマクラーレン、フェラーリの3チームは三強だな。レッドブルのウェバーも3番手、フェラーリのマッサも予選6番手といいとこつけてたし。今回はマクラーレンのハミルトンが精彩を欠き、9番手か10番手あたりにいました。どうしたんだ。
それにしてもメルセデスはじわじわと速くなっている。たぶんロータスルノーよりすでに速いな。今回も5番手シューマッハ7番手ロズベルグだったもの。その後も速いし。まあシューマッハはスタートでちょっと失敗して後ろさがったり決勝リタイアになったり、ロズベルグもずるずる下がって11位フィニッシュだったりしたけど、今回はセーフティカーが二回も入る荒れたレースだったからなー。まあしようがない。
あとびっくりだったのがこのところまったく精彩を欠いていたウィリアムズの二台、マルドナド9番手とバリチェロ12番手!今回はペレスが大クラッシュして欠場したのでひとつ繰り上がって11番手からだった。予選ではフォースインディアやトロロッソといった中団グループのなかで一番速かった!
続くのは小林だけど、かれは1ピットストップ作戦で5位入賞という大金星をあげることになりました。おめでとう!一時4位走ってたし、表彰台も目の前だ!
4位といえば15番手からのスーティルも大ジャンプアップしてここ4位を一時走っててファンなのでものっそいうれしかったんだがパンクー_| ̄|○ しかも赤旗中断の多重クラッシュの原因となってしまうしょっぱい故障でした。ここでアルグエルスアリ(そろそろ名前おぼえた)とペトロフが大クラッシュ。ペトロフは病院搬送になり気を揉みましたがなんともなかったそうです。よかった・・・!これでまたなにかあったらロータスルノーは呪われているとしか思えないところでした。オフシーズン中にラリーで大クラッシュした大怪我療養中のクビサ、はやく復帰できるといいよね。ことしもなかなかいいマシンだもの!
さて今日も今日とてトゥルーリさんだが13位フィニッシュ。なかなか上に上がらないなぁ。なんとかマシン性能が中団グループ並にならないかなぁ。きっとおもしろいレースしてくれるはずだもの。
つぎはカナダモントリオール。6/12です!
  1. 2011/05/31(火) 08:26:04|
  2. えふいち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
2011/05/24

F1 2011 第5戦スペインGP 観戦! [えふいち]

月曜が朝早起きする必要があったので日曜の深夜の放送はあきらめ、翌日月曜日夕方からBBCのストリームで見てました。
PPがウェバー。おお、やったな!とか思ってたら、神がかりなスタートダッシュと追い抜きをかけて、第一コーナーへいの一番に飛び込んだのはなんと4番手からの地元アロンソ。ここは熱かった。オンボード映像みてても右に左にベストラインを適時みつけて選び取るハンドル裁き、神がかってた。この日一番のみどころの一つだったといえるでしょう。
しかしピットストップ回数の作戦の違いから、アロンソは5番手まで結局おちました。なんてこったい。
そして今回も羽の生えていたレッドブルのヴェッテル、2番手スタートから順次位置をあげていってトップに。終盤10周くらいはかなり熱いトップ争いが、2番手につけたマクラーレンのハミルトンが、新装備のDRSを使いまくって後ろから迫りましたがまったく動じず、まったくの盤石の守りっぷりでそのままヴェッテルがチェッカー。はやいよこのひと。
コバヤシは今回1周目にパンクしてビリまで落ちたりしたけど、かなりがんばって僚友ペレスの真後ろまで上がっていっていた。この人も速い。今回はノーポイントだったけどがんばれ。
そしてここのところロズベルグの調子がいいのが目立ったメルセデスが、6位7位で、しかも6位がシューマッハ。この人も粘り腰でF1界で存在感あるなぁ。きがつけば、ワールドタイトルとったことのあるひと、アロンソとシューマッハの二人が5位と6位だった。
そして今回マシントラブル(予選でマシンが燃えた!!!!辛くも脱出!!!!)からビリスタートのルノーのハイドフェルド、この人も本当に粘り腰だ。気がつけば8位入賞ポイントゲット。

そしてひいきドライバーのロータスのトゥルーリさんは今回もビリから数えた方がはやい順位だったんだけど、一時的に中段グループにいたりしてちょっと期待したりした。やられメカ3チーム、ヒスパニア、ヴァージン、ロータスのうち、ロータスは確実にここから抜け出すことができそう・・・ではあるんだが、しかし中団グループがまた速いんだよなぁ・・・でも最近落ち目のウィリアムズは食えるかもしれん!ばんばれ!!

つぎは伝統の一戦、モナコGP来週です!!たのしみたのしみ!!
  1. 2011/05/24(火) 19:25:54|
  2. えふいち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
2011/05/09

F1 2011 第4戦トルコGP 観戦! [えふいち]

いやー今回は結果でいうと最強チームのレッドブルのワンツーフィニッシュだったわけだけど、みどころがめちゃくちゃ多かった!

今回は今年始まってようやく可変ウィング増速機構DRSの見どころがわかった一戦でした。

めちゃくちゃオーバーテイクが多い!

まあそれで白熱するのはいいんだけど、「あれ?こんなんで?」というような安易なオーバーテイクが増えたなというのもまた印象的でした。DRS発動しちゃったらなすすべもなく、技で抑えるとか技で抜くとかでなく車が勝手に増速するんだもの。うーんこれはドライバーの格闘能力を削いでしまうきもするんだが・・・。

3位のアロンソは、途中ウェバーをコース上で抜いたりして一時二位走ってましたが、終盤またコース上で意趣返し!ウェバーがみごとなオーバーテイクをしかけて2位をもぎとりました。前回ほとんどビリっけつスタートから3位にのし上がる野武士のような戦いぶりはなんかじつにロックだね。しかしアロンソは速いな。僚友のマッサは中段グループに沈んでいる中、優勝争いだもの。

ロックだったといえば今回フェラーリのもう一台、ポイント圏外まで落ちたものの、一番バトルしてたのこの人かもしれん。かつてのフェラーリでの僚友シューマッハをガツンと抜いたりしてました。・・・しかしなんであんなに見どころ多かったのにあんなに下がったんだろう。ピットストップ作戦のミスかなにか?気がついたら沈んでいた。そういやだいたいこのあたりでバトルしててかなり光ってたのはバリチェロ。彼はうまいよね。車のエンジンがコスワースなんて非力なやつじゃなかったらもっと上走ってるだろうに。

前回から急激に光出したメルセデスのロズベルグは、スタートダッシュで2位に上がったりとかなり目立つところから、しかしやはりマシン性能はいかんともし難く、ずるずると落ちるも激しいバトルの末の5位入賞。僚友シューマッハが中段グループに沈んだことを思えばロズベルグの腕の早さがもたらしたポイントでしょう。なんかフェラーリが獲得に乗り出しているという噂もあり、いま一番熱い人の一人。

コバヤシは今回はあまり映らなかったが、かなりバトルした末の10位入賞。いまモータースポーツ系サイトみてて気がついたんだが、最後尾スタートだったのか!すげー!いままで4線連続入賞中じゃないか?じつはドライバーズタイトルでも10位にいるんだよね。この安定感もいいですね。がんばれ!同じフェラーリエンジンのトロロッソのブエミの一つうしろというのはくやしいところ。きっとマシン性能も伯仲してるんだろうな。

車の早さでいったらおそらく二番目と三番目であろうマクラーレンとロータスルノー、順当な位置でポイントゲット。なんかマクラーレンはピットがもたついてるところがあったけど大丈夫かな。ルノーハルノーで同士討ちになりそうな場面があってヒヤッとした。ペトロフおまい運転乱暴すぎ。紳士なハイドフェルドをみならいなさい。

さて、毎度毎度書いているトゥルーリ番長、今回は18位だったよ!なんかとくにバトルしてるのかしてないのか、あいかわらず全然カメラに映らないけど、下位三チームの中だったら一番速い人だな。はやく中段グループの下の方を屠れるくらいに強まったらいいね!!

こんなかんじー。やっぱF1はたのしいわー。
次回はスペインバルセロナ!地元アロンソ、今度こそ金星なるか?
まあ今回はアジアラウンドからヨーロッパラウンドへうつる三週間もの時間でじらされてたからよけい楽しくかんじたな!次回は二週間後、5/22です!
  1. 2011/05/09(月) 21:28:05|
  2. えふいち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
2011/04/18

F1 2011 第3戦中国GP 観戦! [えふいち]

まだまだ大混戦ですな。
マレーシアで大殊勲の3位表彰台にあがったロータス・ルノーのニック・ハイドフェルドは下位に沈み、かわりにメルセデスがのロズベルグがえらい速かった!
なによりマクラーレンも速くて、とうとうレッドブルのヴェッテルの独走を阻止したハミルトン、残り数周でコース上でのバトルでもぎ取った1位表彰台。
でもレッドブルのもう一台、ウェバーは今回18位スタートと沈んでいたのに、いつのまにかヒタヒタと4位にまで上がり、これまたコース上でマクラーレンのもう一台、バトンを沈めて3位表彰台!!今回一番活躍したのはこのひとでしょう。バトンはいいところつけてたのに、ピットストップであろうことか他チームのピットに間違えて止まったりとところどころポカやらかして、結果的にヒタヒタと18位から4位まであがったウェバーにも屠られてちょっと精彩欠いたかな。
ロータスルノーはそれなりに速いので、ピットストップで前に出ることもあったんだけど、その度に上位マシンにやられつづけるという悪目立ちがなんともしょっぱいレースでした。
悪目立ちといえばザウバーの若い方が無理なオーバーテイクしかけるわ、コーナーで調子のよかったカレーの一台を押し出してウィング踏み潰すわで悪目立ちが過ぎたな。案の定ドライブスルーペナルティ喰らってた。
しかし4番グリッドからの好位置につけていたロズベルグが終盤痛恨のオーバーシュートで表彰台を逃したのももったいないといえばもったいなかったな。でもメルセデスは今回確かに速かった。もう一台のシューマッハはそこいら中で大バトルくりひろげて入賞してるし、今回3番とはいわないまでも、フェラーリについで速かったマシンだったようです。
ひいきのロータスのつるーり番長は地味に19位完走。もうちょっと見せ場つくれるマシンだったらなぁ。もったいないないぁ。がんばれ超がんばれ。

とりあえず今回思ったのがレッドブルとマクラーレンは互角で、素の後ろにフェラーリとメルセデス、前回からすると低迷したルノーが今回調子のよかったフォースインディアあたりと同じくらいかな、といった塩梅でした。
前回から布陣が全然かわっちゃったよ。
ホント、一戦ごとに刮目して見ておかないとなんとも置いていかれる日進月歩の開幕3戦でした。
つぎもたのしみたのしみ!!(・∀・)
  1. 2011/04/18(月) 06:52:53|
  2. えふいち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
2011/04/12

F1 2011 第2戦マレーシアGP 観戦! [えふいち]

週末はまたF1でした。マレーシアGP。
前回は翼の生えたレッドブルのヴェッテルでしたが、今回も生えてました。もうじゃんじゃんいってしまう。だれにも止められない。しかし後ろはコテコテの混戦で面白いこと面白いこと。
まず二番目に早いチームがマクラーレンというのはまちがいないことのようですが、その後ろがフェラーリだけじゃなくて、ここにきていきなり強くなってきたルノーが光る。今回もハイドフェルドがグリッド6位からいきなりのジャンプアップで2位まで上がり、その後ちゃくちゃくと力強いペースで3位表彰台!これはびっくり!前回もペトロフが3位表彰台だったし、ルノーがいまのところ3番めに強いチームってことのようです。だってペトロフ、今回は終盤にダートにつっこんで「離陸」してアンダーカバーこわしれレース追えてしまった(17位完走扱いらしいです)けど、かれもいいとこ走ってたし。しかしペトロフはナンバーワンドライバーかと思ったけど、やっぱベテランハイドフェルドがじわじわとその座をうばうのかな・・・チーム内の駆け引きも面白くなってきた。
小林も延々シューマッハやマーク・ウェバーとバトルしてて追いつ追われつのドッグファイトの末に7位入賞。こんだけ苦労の末にも確実にポイントもってかえるとか彼は強いわ。
カレーのチームから新しい人が出てたみたいです。ちょこっとインタビューしてた。だれだったんだろう。ちょっときになる。(※いま調べたら今年から参戦のディ・レスタ選手でした。今回ポイントゲット!やるな!)スーティルは終盤だれか抜いたりしてちょっと見せ場はあったかな。つるーり番長は・・・リタイアorz。

今回はなんといってもハイドフェルドの3位表彰台の大殊勲が光る一戦でした。今後もロータスルノーは台風の目のようですよ!
  1. 2011/04/12(火) 00:05:41|
  2. えふいち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。