無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2011/01/16

センター試験帰りの一群に [未分類]

まぎれこむなど。

近所の大学も会場になってたみたいだ。6時すぎにどやどやっと学ランブレザー私服、いずれも若い子が出てきた。
近所のスーパーまで速歩でいくんよ、って歩きながらどやどやどや!!っとまきこまれたんだが遅くはならなかった。高校生あるくの早いな。もっとのんべんだらりんだらりんと歩くと思ってたが、試験後の緊張とかもあるんかね。
…つーか寒かったから暖を取っていたのかもね!自分も速歩って暖かくなりたい!ってのわりとあるわ。
今日は速歩だろうがなんだろうが靴底からアスファルトの冷たさが登ってきて足かちんかちんやった。
ふうふうと息をついて到着したスーパーで大根79円安!!やっすー!!とかコーフンしてたらサイフ忘れて着ていた事に気がついた。ダムーン。orz
そんな夕暮れ。
  1. 2011/01/16(日) 21:23:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2010/06/13

今日ははやぶさの日 [未分類]

はやぶさは40分ほど前カプセル分離に成功したそうな。リポDがうまい!

それにしても管制室ライブがうちから見えないのは残念だ。コッテリとプラグインやらコーデックやら入れてみたんだがむりだった。ションボリ。

石のカケラ、入ってるといいな!

(((((((((( 田-( ・ω・)-田 <オツカイデキタ
  1. 2010/06/13(日) 20:37:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2010/06/12

発信せずただ放送するのみ - 表現の中の人不在ゆえ [未分類]

ふとここを開いたのはなんか書くかと思ったが実のところ書きたいことはあまりないのだった。
あまりないのに開いたからにはなにかやりたかったに違いない。
というわけでわりと開いたままほったらかしにしたあと今再び書き出している。
思ったままに書くから思いつき的、インタプリタ的な悪文になるに違いないと思いつつ。

ここ最近はblogの更新はほぼない。いっこ前の記事だってblogと関係ないtwitterの記事だった。
そう、twitterである。twitterでなんとなく書きちらかす欲求が抑えられてしまっている。というのもあるが、実のところ発信したいことがない。
発信せずただ放送しているのみ。
ああ、申し訳ない、適当な言葉がないので、あるいは俺が語彙を知らないので「放送」と「発信」をここローカルで勝手に再定義する。
放送ってハナってオクるって書く。ようするに無差別の情報タレナガシのことだ。放流したところで行為は完結する。あとはどうでもよいとする。
対して発信て、シンをハッするんだ。「シン」、なのだ。届く先があることを期待されえている。これがないと発信はありえない。相手ありきだ。伝えたいだれかがどこかにいて、その人にむけた情報を発する - 明確な指向性がある行為だ。
…と勝手に一時的に定義する。

いま自分に発信したいことがなにもないということなのだった。
それでもズルズルとtwitterでなんとなく日々コンスタントに怠惰に放送しているということは、しゃべりたい欲求はあるらしい。
でも「なあ、聞いてくれ!こんなことがあったんだ!お前ならきっとこれ興味あると思うんだ!お前の意見をききけたらさらにうれしいよ!」ってどこかのだれかを見据えるだけのよろこびも覚悟も今持っていないんだ。出がらしだ。どうしたことかと思う。

twitterもblogも本質的にはかわりのないものだ。ほどよく離れたところから両者を見比べてみたら、せいぜい毛筆と万年筆程度の違いなんだろう。ただのツールだ。
でもなんかもう手がつかれて、ハシより重いものも持つのもいやなときは、ごく自然にシビアに最も楽な選択をする。自分がいまtwitterばっかりなのはたぶんそのせいだ。
twitterは楽だ。
twitterを使うことは(あくまで日本での誤訳的解釈らしいが)『つぶやき』という行為である、と説明されている。
伝える相手を見出す努力を省いても、これはなんとなく『つぶやき』を為しているにすぎない、もっと気楽にやりなよ、というのなら送信ボタンも勢い軽くなるだろう。

でもなんかどんどん自分がうすくなっていく。なんでやろと思ったら行き着いたのが『つぶやきは自分を表現しなくてもするすると全然問題なく進んでいってしまうからなのだと気がついたところだ。
怠惰な放送は表現が欠如していても許されるから、相手がいないから表現しなくても問題ないから、表現を欠いた自分というものはどんどんうすくなっていくのだ。
そしてそれがなんとも気味の悪いことのように感じたのだ。ここ二三日。


相手がいなくても問題ないと自分が安心しているというのは、つまり自分がだれかに見られていなくても問題ないと思っちまっていても問題ないことなのだ?あれ?やばくね?
そしてどんどん自分が自分を表現する能力がなくなっていく。あれ?やばくね?
と、少なくとも自分は思い至った。


いま「発信することがない」と言う実感は、「いま相手に会わせる自分を表現しようがない」状態に陥りつつあるということなのか。精神的にこうなるといよいよやばいのではないか?「外出する服がない」みたいな。

* * * *

などとインタプリタ悪文でお送りしました。

おお、文章表現のリハビリにインタプリタ悪文いいんじゃないかこれ。少なくとも俺は楽しかった。なんという迷惑放送。はやく発信になるといいなぁ。
  1. 2010/06/12(土) 23:16:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
2010/06/05

twitterのツイート勝手に消えてね? [未分類]

消えてることがないか?
インフルエンザを接種したという内容の昨年11月ごろのツイートがすっぽり見えない。
検索でなくてえっちらおっちら遡って確認したんだが消えているようなんだが。
検閲でもあるのか?
どういうことだ?おれの勘違いか?
  1. 2010/06/05(土) 13:14:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2009/12/04

タイトルなし [未分類]

朝焼けが珈琲色だった。はじめて見た。香りはしないが楽しんだ。寝られれば寝る。
  1. 2009/12/04(金) 06:51:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。