無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2011/05/28

さやとやっきょう。 [日記]

薬莢の「莢」という字はなぜこんな字を使っているんだろうか。あまりみない漢字だよね。
とふときになって調べてみたら、マメ科のマメのさやを漢字でかくと「莢」なんだそうだ。
あっAnthyでちゃんと変換できる。「saya」は「莢」になるわ。
ふむ、なるほどつまり弾頭はマメなのだ。たしかにそういう連想はできるね。だから薬莢をはじめてみたとき、むかしのひとは弾頭をマメと見なし、薬莢を火薬つめたサヤとみなし、だから薬莢って訳語を作ったんだろな。センスのいい単語だなぁとちょっと感動。
  1. 2011/05/28(土) 00:13:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

そういえばドイツの戦車兵はオシッコしたくなった時、空の薬莢の中にしたそうですな。
冬だとすぐに中身が凍るらしい。
戦闘機乗りはどうやって用を足したんだろうか?
  1. 2011/05/28(土) 00:55:47 |
  2. URL |
  3. ぴぃ #YCpGe4pg
  4. [ 編集]

なんか宮崎駿の「泥まみれの虎」でそういうの見た覚えがありますね。オットー・カリウスの自伝のコミカライズの。
戦闘機はせいぜい1,2時間だからがまんしたんじゃないでしょうか。航続距離が長かった零戦とかマスタングはどうしてたのかちょっときになります
  1. 2011/05/28(土) 01:00:27 |
  2. URL |
  3. チビノワの食べ残し #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/574-4b283b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。