無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2011/03/28

F1 2011 開幕戦オーストラリアGP 観戦! [えふいち]

昨晩は実家にて地上波TVでF1を観戦していました。
本来なら第二戦になる、オーストラリア・メルボルンが今年の開幕戦です。
というのも、本来の開幕戦のバーレーンが中東情勢不安定の件で中止となり、2週間遅れで第二戦が開幕戦に繰り上がったのでした。

今年から結構ルール変わってた。
目立つ変更点~。
・KERSという電動の回生ブレーキ/加速装置(使うと6秒強の間80馬力後輪軸出力が向上する。だいたい1割増しのパワーアップ)が2年ぶりに復活。

・DRS、ドラッグリダクションシステムという空力パーツ(リアウィングフラップ)の可変装置が付与されました。これを使うと直線では不要のダウンフォース=ドラッグロスをリアウィングから大幅にキャンセルさせることで10km/hほど最高速が伸びる装置。車載カメラから見るとホントにパタパタ開いたり閉じたりしてて目新しい!ただこれ、スピンして高速で後ろ向きになったりしたときにメゲて取れたりしないかちょっと不安。いつだったか、ほんの数年前のことだけどマクラーレンの車が高速時にウィングが取れてすさまじいクラッシュしたの見たことあったし。
あとこのDRSは使いどころが決められていて、前走車との差が1秒以内になったときに使えるという謎ルールシバリが入っていたりします。ようするにオーバーテイクをしやすくする意図をもって導入された模様。

・予選107%ルール復活。予選で、トップチームから107%以上のラップしか刻めなかったドライバーは決勝進出できなくなります。これで早くもヒスパニアレーシングの二台が決勝に姿を現しませんでした。ヒスパニアはやくアップデートしないとレースでられなくてスポンサー居なくなったりしたりしたらピンチだぞ。

・タイヤがピレリワンメイクに移行しました。
スーパーソフト、ソフト、ミディアム、ハードを用意してきていて、各チームまだ特性がわかっていないので手探りだったようです。ハードとソフトの差が大きいみたいで、予選で結構ソフト温存派か使用派かで決勝の戦略もかわったみたい。

ドライバーも結構新顔がいたり。急遽変更になっていたり。
急遽変更は、ルノーのクビサがハイドフェルドになっていたことかな。去年のルノーのクビサといえば、終盤に大嵐のようにレースをかき回す台風の目だったのに、シーズンオフ中の大事故で大怪我をして今年は当面欠場になってしまったみたい。でも繰り上がりでエース格となったロシア人・ペトロフが大化け。3位表彰台ゲットの大金星を挙げました。おめでとうペトロフ!ハイドフェルドはぶつけられてマシンガタガタだったしくて14位。
小林可夢偉の活躍を期待したいザウバーは、セカンドドライバーとして新人のペレス。どこで活躍してF1に移籍してきたのかちょっと調べてないからわからないけど30年ぶりのメキシコ人F1ドライバーだそうです。そして1ストップ作戦が見事はまって小林よりも一つ上の7位入賞。初レースでポイントゲットと出だし好調、とおもいきや、レース後の車両規定違反の嫌疑でザウバーが二台とも失格処分下ってしまった。チームは抗議中とのこと。(´・ω・`)
ヴァージンにも新人いて完走したみたいだけど、後ろのほう写らなさ杉。あとウィリアムズ、フォースインディアにも新人。そのうち覚えよう。なんせ今回ホント後ろうつらなさすぎ。フォースインディアのスーティルとロータスのトゥルーリは応援してるのに、ぜんぜん空気だったよ。なんてこったい。

トップのほうというと、レッドブル、特にヴェッテルが異次元に速い。KERSに不具合でもあったのか、つかってなかったけど、チームメイトにして今回ホームレースでもあったウェバーより1秒ちかく予選でも速かった。決勝でも頭一つはやくて、ポールトゥウィン。次に速かったのはマクラーレンで、謎多角形なサイドポンツーンの独特なカウリングのマシンはやっぱ速かった。フェラーリはアロンソがペトロフに阻まれ表彰台を逃してました。これって去年の最終戦と同じような・・・。ペトロフ今後台風の目かもしれんなと期待。

今年から導入された新要素、前評判もいろいろだし、まだ結論もでない海千山千装置DRSだけれど、やっぱおもいっきりレーシングカーが走ってるの見るのは楽しいわ。
次回は是非、ひいきのトゥルーリさんとスーティルさんを写してください。
次回4/10、マレーシアです!
たのしみたのしみ!!(・∀・)
  1. 2011/03/28(月) 16:15:04|
  2. えふいち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

バブルの前後はF-1は日本でも凄い盛り上がりでしたなぁ。
ナイジェル・マンセルとかセナとかプロストとか、車に興味なくても名前だけはみんな知ってました。
最近はホンダもトヨタも撤退して何か影が薄くなってきてますね。
まぁF-1だけじゃなくてK-1もですが。
  1. 2011/03/29(火) 00:00:40 |
  2. URL |
  3. ぴぃ #YCpGe4pg
  4. [ 編集]

ドライバーはKERSだDRSだと、いろいろ忙しいねぇ~。w
それにしてもザウバーは勿体ない。><
あとあのマシンに乗るクビサ見たかった!><
  1. 2011/03/29(火) 17:36:50 |
  2. URL |
  3. KAKUKAKU #-
  4. [ 編集]

> ぴぃさん
なんのなんの、いろいろ撤退してますがF1はまだまだアツいですよ。
・・・残念ながらなんだかルールと新機構が難解すぎてどうもパッとしないんですが。みてるだけでもいそがしいいそがしい!
なんかたぶんコックピットのボタンの数、エフゼロより多いですよきっと。

> KAKUKAKUさん 
ねぇ。
ペトロフ3位すげぇ!って思ったけど「・・・クビサだったらひょっとして・・・」って、去年までのあの暴れっぷりを見るとねぇ。思ってしましまです。
ザウバーはいったいどこにいちゃもんがついたのやら。ダブル入賞、しかも片方は初出場でポイントゲットなんて幸先のよさだったのに。なにがおこるかわからないですね。
  1. 2011/03/29(火) 18:26:00 |
  2. URL |
  3. チビノワの食べ残し #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/520-5de3ce52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。