無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2011/01/23

バイク日記20110120~20110122 [バイク]



今日も今日とてポンコツ乗り、チビノです。
去年の秋に、あまり乗らなかった愛車R1-Z号がポンコツ化してキャブレターからガソリンじゃぶじゃぶダダモレになる自爆装置になってしまっていたので、中古のキャブレターなどmixiの部品交換コミュでゲットし、なんとかかんとかバイク屋にもちこんだところ、キャブ以外にも排気デバイス「YPVS」がガタガタになって仕事してないことが発覚、しかしもう予算がないのでキャブだけ修理というトホホリペアとなったのですがもうキャブ直ったって!!早!!

というわけで20日、引き取りに行きました。実は日曜日には直っていたとのこと。
というところで下書きが滞っていたんだが、そこから3日のバイク日記を時系列順にどうぞ。

●20日 目の前で鬼分解再組み立てを見る
引き取りにいく。
チビ「すいません直っていたってのに引き取りにいけなくて!」
店長「いえいえようこそ。直りましたよ、部品も元からついていた奴のクリーニングだけでなんとかなりました!」
チビ「Σ(・∀・)マジデスカ?」
店長「はいーこちらです。おーいエンジンかけたってー」
店員「はーい」
店員「すこここ。すこここ。ばるる。。。ばばば。。。げふん。・・・あれ?」
店員さん、キックするもエンジンかからず、しばらく試してみてもらって、(みんなで交代でキックの鬼になりつつ)どうもこれまだおかしいよ?!ってことになって「ちょっとまって!!すぐまた調整しますから!!よしやるぞー!!」「はいー!!」という感じで目の前で鬼ピット作業。あっという間にタンクを取って、エアクリーナー取って、キャブ取り外して、キャブばらして・・・プロってやっぱりすごいな!
しかしそこから清掃してもう一度組み付けてもあまりかわらず。そのうちアイドリングを調整するうちにいいかんじになったのでそこで引き取る。

うん、「YPVSが死んでるからロクに走らないよきっと!」って行ってたけど、1万オーバーまでストレスなく回るやんかー!!どうもYPVSの氏に方が中途半端らしく、二気筒のうち
左バンク:なんとか全域追従してパワー出てる
右バンク:下死亡。真ん中あたりからうごきはじめ、全開位置でようやく左バンクの開度まで追いつき、両方そろって全力運転
ということになっていたらしい。
つまり下はほぼ左バンクだけで走っていたと。そのころは右は失火しない程度に火が灯っているだけと。ヨレヨレだったと
そして全開運転のときは昔から変わらずの怒涛のパワーだったと。

でもな。おれ全然「以前とかわった」とは思わなかったんだ・・・
つまり、かなり前からこうなっていて、ようするに下がカスカスの状態のままのっていて、

「うん、2ストだものな、下がパワーないのはしかたない!うひょー!!上まで回すとすげーパワー!!(゚∀゚)」

という具合にこのポンコツに体の芯から慣れ親しんでしまっていたらしい。orz
ビバポンコツ!!:(ノ∀;):

●21日 完全に冷えた状態からエンジンがうんともすんともいわず鬼キックの一日
昨日修理からかえってきて、しかもYPVSが壊れているからピーキーかも、というお店の心配をよそに「実は以前から壊れたままでピーキーなまま慣れていますた」というところだったこのマシン、一晩たって冷えきった状態からいざかける!!
「すここここ・・・すここここ・・・ばるるるる・・・ばるるるる・・・ばるるるげほい。げふん。しーん。あれ?」
そこから押しがけしようとキックしまくろうとだめで、もう汗だくに。
なんとか掛かり出したところで、失速しそうになるアイドリングをキックペダルで援護してけりまくって、ようやくおちついてアイドリングできるようになるころにはもう汗ぼとぼとでしたよ。
さすがにバイク屋さんに相談に。
「どうしたの汗まみれ。冷えてるとかかりにくい・・・かー。うーん他のところがおかしいのかなぁ。キャブもちょっと性格かえたし。またなんかあったらもってきてくださいね!」
とのことだった。ふーむ。
いままでは冷えきったエンジンも押しがけしたらすぐかかったし、修理に出す前もかかった(むしろ始動性にはなんの問題もなく、「かかったらガソリンがもれる」のが故障だった)のに、性格かわってしまって俺涙目。つまり「修理は完璧」ではあるのだ!

●22日 チビノ、性格の変わったポンコツ丸の乗りこなし方を覚える!!(゚∀゚)
昨日鬼キックでくたびれるのが怖かったが、ここでくじけてはならない!「直って」いるのだ!!
性格のかわったマシンに慣れなければならない!!
このエンジンのかけ方に、攻略方法があるに違いない!!

と。いきなりわかった。

アイドリングが高くなったのが原因なのだ!アイドリング位置がかなり高い!
つまり、アイドリング位置にまで、冷えた状態ではフリクションが多すぎて回れないのだ!
だから、アイドリングしそうになって失速して落ちる度にがつんがつんがつん!と、ポンプでも踏むように何度も何度も、なんどもなんども鬼キックをはじめから準備して蹴り込めばいいのだ!!
・・・見てくれはバカみたいだが!
しかし、それで

「ぐるるぐるるぐろろろぐろろろぐばばばぐばばばううううどどん?ぐるるるるがらん?Σ( ゚д゚)がらん!!がらがらがららららららららあららららら!!!」

とかかるようになった!!チョークアイドル4千回転!!店長さん、どんだけあげたんすか!! ̄|_|○ギョウテン
しかしこれでもう大丈夫!!いったんかかればもう怒涛のようにまわるし、下が片肺でパワーなくともすでにそれは体が慣れている!

これにて修理から帰ってきたバイクへの完熟訓練しゅーりょーう!!

そんなところでした。あいしてるぞR1-Z!!
かっこいいぞR1-Z!!
  1. 2011/01/23(日) 20:57:16|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/450-caed3099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。