無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2011/01/20

ゆめにっき20110120 [日記]

いやーひとの見た夢なんて語られても面白くもなんとも無いですから、しかしこれはそういう内容で、あとから自分が省みるときの為のログとして記録を残すものであり、つまり読む必要はありません。じゃあなんで誰からも見えるwww全公開なんだよ?というと、他人の目を少なからずも意識した文章となるととたんにまとまりがよくなり、つまり自分の考えがまとまりやすくなるという益をねらっているので、お目汚しですが、ここに書き記しております。

とゆー前口上をこれから書こうと思った。ホント人の夢はなにがなんだかわからないからね、見た当人の、見た当初だけ意味を持つ情報かもしれないし。そう、あとから見る自分が「すでに他人になっている」かもしれないし。

さて、ひさびさに怖い夢を見た。
年末より開始したあたまの投薬治療から後となると初めて見るストレスのある怖い夢だった。
どんな内容のか、いつもの類形ではあるが書き記す。たいがい不甲斐ない自分に恥ずかしさを覚え、恥の上塗りなことにすべて放り出して逃げて、しかしなにかから追いかけられてひどく痛めつけられる。もっと陰惨なことにそのなにかを自分は殺してしまってなんか泣きべそかきながら逃げていく先がこの世の先っぽいなんかなんだが、「人のいないところ」ではないのだ。全てを放り出したからには人からも逃げるはずなのに、そこは「すぐそばに人はいるのに、絶対に触れられない重なった別世界」なのだ。この場所はディティールは変わるもののたいていこの類の怖い夢で毎回行き着く場所だ。今回のディティールは「住所不定浮浪者」だった。社会に接続されているとはいいがたい距離感をもって、同じ空間に住んでいるのに同じ世界に住んでいない存在。ひどくショックだった。

そこで一旦目覚めた。いままでの感じだとこのまま眠れもせず、またおきることもかなわなくて、空腹が限界にくるまでぐったりと打ちのめされたようになって横たわっているしかない状態。のはずだったが、またとろとろと眠った。薬の効果と思われる。

ここからがかなり違った。
また夢を見たのである。それもその見たくもなくて目を覚ますことで中断したさきほどの夢の続き。
そこで呆然としているところで、薄闇のなかを身を隠すように生きているところにまただれかがやってきた。もう自分を責めるようにおいかけるなにかではなくて、いや、それであってもどうでもいいや、という半ば開き直ったような感情から「なにか?」とだけ問いかけるんだが、それは笑って、それは印象的なことにひさしぶりに見る、嘲笑ではない心からの笑いとともにこう言った。「むかしからあなたをしっています。ここはよくない。もういこう。」
そこでふと薄闇はもやにかわって、そのもやのなかをその人と歩いていったという、そこで夢がさめた。

最後までみたのか、疲れきって中断の形で起きたのか、ここから先を目覚めと同時に忘れたのかはさだかではないが、いままでと決定的に違ったのは、

「怖い夢に救いのつづきがあるらしい」

ということだった。
これは初めてのことだった。

以上、いままでと違う以上、差分としてログに書き出しておく必要があると思って朝食のあと大急ぎで記している。この記録がきっと今年の自分の役にたちますように。

どうですか?たぶんこの先どっかで自分は読み返すと思うんだが役に立っている?とりあえず俺はいまこうやって書き出したことであたまの整理がついて役にたった。
さあ薬のんでいこう。

しかしこんだけ疲労困憊する夢みたのにスパア!っと起きられるというのはすごいなこのアモキサンて薬。寝起きハイテンションいやっほう、だわ。善哉善哉。
  1. 2011/01/20(木) 07:29:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/446-21244f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。