無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2011/01/06

キャブレターは楽器みたいだなと思った次第。 [バイク]

バイクのキャブレター(ガソリンと空気を混ぜるところ)が届いたー!!(゚∀゚)
一気筒一個ずつ、二個。ねりからしは大きさ比較用でキャブじゃないよ!!

これ中古のをmixiの部品交換コミュで見つけて買い取りました。送料込みで3500円。安い!
この夏に故障して、エンジンかけるとガソリンがじゃぶじゃぶあふれるという自爆装置仕様になっていたのを直すためにバイク屋に「いくらくらいで直せます?」と相談したら、
「フロートバルブがダメになってる。これが部品代だけで2万円になるよ。工賃はまた別だよ!」
ということで、しかもそのフロートバルブってもうくしゃみしたらどっか飛んでいきそうなほどちっこいちっこいパーツなんよ!金もないしなんか釈然としないし、それなら適当な中古キャブレターを買ってきてまるごと換装していまおう、という計画から今回の購入に至ったと。

さっそく矯めつ眇めつ眺め回し、いじり回してみた。アクセルワイヤーをひっぱってびっくり。なかの空気流量調節バルブ、バタフライ式だと思っていたら、襖のようにシャコ!!とスライドして開いた!!スライドバルブだったのかよ!!うわーレーシーだぜイカス!!

そしてキャブが精密機器である所以であるところのジェット類、いわゆる霧吹きの針でありこれが非常に高精度で作られているんだけど、その設置位置をはじめて見てみた。・・・めっさシンプル。つるつるの内壁に、ぽつんぽつんぽつんと小さい、ホントに小さい穴が開いていて、そのなかにジェットが隠れているだけ。たぶん低速、中速、全開の三種類のジェットなんだろう。しかしこの小さい穴の素朴といってもいいほどシンプルな見かけといいツルツルの内壁といい、そしてそれがものすごい高精度で仕上げられているところといい、機械というより楽器っぽいノリを感じた。

とりあえず中古だし、ガソリンにオイルにとそれなりによごれがこびりついていたのでkure556のスプレーオイルで汚れを緩めて拭き取って油吹いて汚れを拭き取って・・・をくりかえしたけど形がでこぼこしててなかなか綺麗にならなかった。固めの歯ブラシあたりがないとどうにもならないな。あと、ジェットに汚れカスがつまったりしたら大変と思い、ほどほどにとどめた。それでももともと状態がよかったので、アルミ地肌が経年劣化でガサガサになっている以外はほぼ問題なかった!!

あとはこれを組み付けるだけだが、・・・まさかこいつもフロートバルブつまってたりして。
自分で組み付けるのトライしてみるか、バイク屋にもちこんで組み付けてもらうか悩み中。自分でやるなら工具それなりにかわないとな!!つい先日、長らく行方知れずとなっていたサービスマニュアルが出土した(別blog)ことだしな!!
  1. 2011/01/06(木) 18:43:33|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/429-7ad48585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。