無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2010/10/30

デジタルレンジファインダー。 [すきなもの!]

デジカメが気になることは多い。
しかしなかなか買うことがない。
むろん金がまるでないということもあるが(:(ノ∀;):ハラハラ)、是非に欲しいのならなにかを切り詰めて買うているだろう。

なんか買うのためらうのである。
デジカメという機械の今のあり方がどうも不憫でならないなと勝手に感じたりしている。だからイマイチ欲しくならない。
なんかこう、デジカメは世知辛いのである。

毎年毎年当たらしい機種が出て、性能がよくなっていく。
画素が上がっていく。日進月歩の躍進で性能が上がっていく。
前の年の機種は陳腐化する。数字で表された絶対値で上下をあきらかにされて、過去のものにされる。
ここが納得いかない。いや、半分納得いかないのです。
半分。うん半分といったが、カメラの構造というのは大きく二つにわけられると思います。
光を切り取ってくる部分。
それを絵に定着させる部分。
画素うんぬんというのは撮像素子のことであり絵を定着させる部分。昔は銀塩フィルムが放り込まれていて、この部分はフィルムの性能に依存しました。
ではもう半分とはなにかというと、カメラは光学機械である、という半分。「光を切り取ってくる」部分。
カメラは35mmのフィルム(あるいは別のサイズ)を収める部分を光学センサーに置き換えることでデジタルカメラとなったが、光学機器としての機械的な構造物はあいかわらずほとんどそのままです。「なにいってんだスゲー電動になったり自動ホニャララ制御スゲーぞ」とかいうかもしれんがちがうって!光が曲がるのはレンズの組み合わせであって電気で光がまがってるわけじゃないから!もっとこう、根幹的な部分で。
光学機器、そこは100年は下らない時間をかけて研鑽され蓄積されてきた高度な技術のタマモノ。スゲー。それをもとにさらに磨き続けられている現在進行形の機械。カッコイイ。すでに円熟の粋に達している技術なのでその進歩はゆっくりではあるが、今も進化を続けている。ガンバレ。

ここがデジタルカメラの不幸なことだと思う。
デジタルカメラを構築するおおきなふたつの要素は、それぞれ進歩がちぐはぐなのだ。
それなのにこのふたつ、がっちり固着してとれない構造なのだ。なんてこったい。
片方が、進歩の早い撮像素子が陳腐化したら、まだまだ現役で使える光学機械部分をそのままに素子をコンバートできればいいのに、フィルムのように取り外して新しくこめられたらいいのに、それができない。ガッチリニコイチである。なんてこったい。
一眼レフならまだマシかもしれない。ボディに素子は癒着しているがレンズは取り外してつぎの筐体に組み込める。

それとも昨今のデジタルカメラは、素子により陳腐化することを見越して光学機器部分も「それなり」に作っているんだろうか。性能は商品として確保するだろうから、つまり長持ちしないような、ぎりぎりの耐久性をおいもとめるようになっていたりして・・・そんなのは世知辛過ぎて考えたくないなぁ。
まあフィルムと違って場所とらないセンサーの自由度でコンデジなんかはすごいデザイン自由になってるからいい面もあるのかもしれないが・・・そうやって小型を極めるからますます癒着して剥がしようがないんだろうなぁ。小さいレンズやメカとはいえマキゾイの光学機器部分がふびんである!

この前ある意味悲惨なデジタルカメラを見た。
デジタルレンジファインダーカメラ、ライカM9である。
レンジファインダーカメラというのは測距儀がボディに高精度に埋め込まれておりこれがファインダーに直結している。シャッターとファインダーが独立している点が有利なカメラである。このガッツリ正面むいた測距儀がすげーかっこいいのだ。ようするにこの独立したファインダーが肝であり、ここにすごいコストがかかっている。つまりそれをうめこんだボディにすごいコストがかかっている。



・・・そのボディに画素が癒着しているのだ。デジタルカメラだから。
その画素が陳腐化したらこのかっこいいボディは・・・。



おれそれ想像してちょっと泣いた。゚・(ノД`)・゚・。



こんなかんじで余計なことを考えてしまうのでなんかデジカメが苦手なのです。
んー・・・やっぱここは発想の転換かな・・・
どうせすぐ陳腐化するのなら、最新機種なんかに目もくれずに中古の型落ちのコンデジをザクザク買ってきて壊れるまで使うという方向か。
・・・なんかやっぱそれ愛がなくていやだなぁ。一機の値段は家一軒分!みたいな50年前のカメラみたいなのはさすがに極端かなとは思うけどあれはあれでシアワセな機械だったんだろーなーと思ったりするのです。

ライカはこの素子部分をコンバートするサービスをやるのかなぁ。やったほうがいいなぁ。やってほしいなぁ。ボディがかわいそうだよー。と、ウン十万もするM9は買えもしないのになんか気を揉むのであった。でもなんかこう、憧れがあってそんだけでヤキモキできるような機械が今生産されているのってなんかうれしいですね。
こんなこと書いてて「バーカ金持ちはそんなこときにかけず、あたらしい画素搭載したライカがでたらそれに乗り換えるんだよ」なんて言う輩がいるかもしれないが、まあそうかもしれないね、と思いつつ、その人は金持ちであってもカメラ好きじゃないのでホントどうでもいいと思うのです。新しいフェラーリが出る度にそれに乗り換える金持ちよりも、惚れ込んだ古い308GTBを四苦八苦しながら調整している人のほうがフェラーリ好きだと認められるし友達にもなれると思うのです。

話がおもいくそそれつつオシマーイ。

・・・「買うの躊躇するよ」といいつつこの記事は「好きなもの!」カテゴリだ。

うん、なんかこう、10年いじくりたおせるくらいののんびりした距離感のあるデジカメがでたら、すごいうれしい。
アルファさんのカメラみたいなポジションのカメラを日常にいっこ持てたら・・・と常日頃なんとなくのほほんと待っていたりもするのです。
  1. 2010/10/30(土) 00:18:30|
  2. すきなもの!
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/407-b7468897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き |

電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊きレンジで手軽に簡単にご...
  1. 2010/11/06(土) 10:24:20 |
  2. 見つけました

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。