無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2010/10/18

あごデビュー [食ィ物]

処分価格つけられたカゴのなかの商品というのは、普段だったら手に取らない高級ぽいものをなんとなく買うてしまうというちょっとしたでハプニングを楽しむのにうってつけのシチュエーションです。

そんななかに「あごの煮干し」というのがあったのです。密封ジッパー付き袋売りのもみ海苔くらいの小さい袋でどうやら1000円弱したらしい。それが400円程度の値段だった。正直それでも高いな~と思ったんですが、あごと目があった。というわけで買うてみたのです。

あごというのはトビウオのことだそうで、たしかに胸ビレが非常に長い。というかなるほどこれなら空飛べるなと納得のいく全長の2/3くらいの長さは立派。これがだいたい小さいもので手の中指くらいのものから大きいと手のひらの長さくらいのものまで袋入りになっている。

実のところどう使っていいかわからない。
恥ずかしながら出汁をとったことないんですな。かつおぶしですらやったことない。実家もだしの素だったのでこういうことに手間をかける文化がないし、つまるところやり方が雰囲気程度にもさっぱりわからない。
しかし自炊歴はそこそこ、料理は「だいたいでなんとかなる」のがわかりはじめていることもあり、「水から煮たら一番だし、もっかい煮出して二番だし。たぶんな。」という方針がさっさと立ったためドカンと雪平鍋で煮立てはじめた次第です。

そしたらすげーいい香り。磯の香り。魚の香りですな。
しかもそれがかなり強い。しかも香りであって断じて臭くない。くどくはあるかもしれないが野性的でカッコイイ香りだ!おおよそ料理で「この香りはかっこいい」という感想が出るのは危険な気もするんですがまあ料理は感性全力勝負でやるのが楽しいのでアリです。

閑話休題、かなり濃ゆい目の出汁が取れました。ちょうどカレーが食い進みつつあり、ルーがあと二皿三皿分くらいといったところだったので、この一番出汁をぶちこんでカレー南蛮のベースとして改造することにしたら最高のものができた!こんだけ濃ゆい香りの出汁なので、カレーの制圧能力に屈せずにいい感じでまじりあったのでした。
ほどなくしてとった二番だしはみそ汁にしておやつにしたんだがいつもの味と違うのが新鮮。よその家のばんめしに呼ばれたときのような慣れない新鮮な味ですよ。

初回でおためし的に少なめにやってみたんだがこれはアリですな。ただすごい割高だと思った。100円分くらいだったんだが、割引価格なら200円くらいであり、出汁のためだけにこんなにかかっていてはたまらんなと。月の家計簿のなかで「出汁5000円」とかになったらウチの台所事情的にはほかの食材に皺寄せがいってしまう。
しかし出汁を取るとかなりおいしい食生活になることはわかってしまった・・・。
というわけで、あごの煮干しは高級らしいのであまり使わずに、ふつうにカタクチイワシの煮干しあたりから「出汁を取る」生活をやってみようという指針がたちました。

ちょうど夏のバカ暑さも終わったし、台所でじっくりなにかを煮るというのに抵抗の無い季節になってきたので出汁デビューにはうってつけだなと思ったのでした。
出汁デビューというと出汁が煮出されたような響きやなとも思いました。

どういうわけか語尾がですます調のまますすんでしまったのでそんなかんじで今日の日記はおしまいなのです。
なのです。
  1. 2010/10/18(月) 00:31:08|
  2. 食ィ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/393-2f4f7312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。