無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2009/08/08

スタンドを出したまま寝ないとあぶない(違) [日記]

なんか酒も飲まずに睡眠導入剤も使わずに自力でどーんと眠れそうな予感!という眠気&眠気に抵抗しない気分(どうも「眠くても今寝たらだめだ、よくない気がする」というよくわからない無意識に縛られるのが自分の不眠の一因らしいと最近わかってきた)があったのでそのまま寝てたらひさしぶりにドカンと直球でものっそいうんざりする悪夢キター('A`)

なんかそのとき目を開けたままか薄目を開けたままだったのか、目の前に吊るしてある服が「『誰か』、もしくは『何か』」に見えてたらしく、それがなにか鈍器のようなものをふりかぶってこっちに打ち下ろそうとしたまま、その姿勢でずっと固まっている。
顔の部分はありえん方向にねじれてるんだけどこっちを「見ている」のは理解できる。ときどききもい軋み方しながらキリキリキリと向きはかわるんだが絶対に表情は見えない。かならずなにかに隠れているか、見えない方向に向き直す。
全体として体のあちこちがデッサンくるったようにあちらこちらを向いてねじれているんだが、全体としてみると破綻しながらもこっちを「見ている」。悪意をもってこっちを「見ている」。
という夢で、金縛りと違って金輪際脱出できなかった。

金縛りはコツを掴んだら無理に起きようとせずにあえて眠ってしまう方向で脱出できたりするけど(なんかバックギアで沼地から脱出するみたいではある。)この夢は進退極まった。ホント金輪際内側からはどうにもならなかった。というか見ている最中夢とついぞ気がつかなかった。

閑話休題、結局近所を走り抜けるバイクの音に呼び戻されるように夢から抜けて、服は何度みてもただの服で、そこにはねじれた首もこっちを打ち下ろそうとする鈍器もなく、「今のは夢であった」、とようやくぐったりと、そのとき理解したという。

ホントこのときほど「こっちみんな」と思ったことはない!!
服め!この服め!!ふーっ(威嚇)

とりあえず服吊ってある方向見て寝ずに、逆の本棚(というか本の野積み場所)向いて寝る方向でもっかい寝なおし昼過ぎまで寝てたけど眠気ぬけず。これは不眠というより暑さで深く眠りようがなかっただけみたいではあるけど、貴重な休日の前半を無駄にしてしまった。今日は午前中にベランダでねっころがって焦げながら洗濯するつもりだったのになー。(´・ω・`)
  1. 2009/08/08(土) 15:12:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/333-a4eeef8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。