無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2009/03/08

突発的飲み会20090307 [日記]

なんか飲むかね。
という話になったので夕方に西宮の友人家へ。
鍋か?BBQ?とか言うてたけど、さすがにこの季節BBQは寒いだろーパーティジョークだろーと思ってたらガチだった。というか室内。お座敷BBQ。卓上に断熱板敷いてその上に大小七輪に炭火が。
 ̄|_|○マタカー!! 
この面子はどうもインドア求道派のようです。夏にもクーラー効いた部屋で線香花火を愛でる会するし。

案の定スモーキー祭りになりました。ささうがに酸欠防ぐために窓開けまくりだったがけむてー!!あとなぜか魚ばかり。シャケにアジにハタハタにとことごとく魚。あとなぜかピザ。買出し班が迷走していたことがよくわかる図。
飲むかね、という話ではあったがみんなあまり酒飲まないので(うち一人ウサ(仮)氏はバイクで来てたし)飯が炊かれていた。ガス炊飯器だった。ガス炊飯器UMEEEEE!!間違えた。ガス炊飯器で炊いためしUMEEEE!!酒飲みながら飯を食うという邪道飲みしました。
友人が仕事でギリシャいったときのオミヤゲーということでOuzo(ウーゾ)がでてきた。強い蒸留酒。やや、これアブサンに似た香草な香りが!!うまいな!!と、帰ってきて今Wikipedia調べたら「アブサンに似ているがニガヨモギは入っていない」だそうな。あの清々しい香草の香りってニガヨモギ由来だけではなかったんだな。とりあえずウーゾがうまいということを知りました。ウーゾがうまいということを知りました。大切なことなので二度言いました。アブサンそう簡単に手に入らないしウーゾならギリシャの名物ということらしいので手に入りやすそう。よっしよっし。
あとこの日本酒甘口方面だがなかなかだぜ、というオススメがあったのでそれ試してみた。えー日本酒は辛口だろーと思ってたが甘口あなどってました。こういうのもいいなぁ。喉ごし爽やかな辛口はどうしても量を過ごしてしまうし、「甘口で、それでいて嫌な雑味の無い日本酒」というのはアリだなぁと再発見。ちょっと飲むだけで満足できるという。というかちょっとずつ味わって楽しめるので飲むペースが穏やかでやさしい飲みになるなと思った。そろそろ荒飲矢のごとしな大酒飲み会をする歳でもなくなってきたからこういうスタイルの飲み方も模索しとこうと思ったというメモ。まあでも浴びるようにビール飲むのもたまらないんだがな・・・(煩悩)
あと、たしか発酵学の小泉武夫氏の本のなかにあったと思うんだけど「平安時代(この辺あいまい)くらい昔の日本酒はみりんみたいに甘口だったらしいよ」というのがずっときになっていたし、いっそのこと
「本格的な一流のみりんを超甘口の日本酒と解釈して試飲するの会」
をやろうとふと思ったが絶対あとで忘れそうなのでここにメモ。うまいみりんをさがしてみること。会が失敗してもスゲー上等のみりんゲットという普段絶対やらないことになりそうなのでどっちに転んでも面白そう。(すいませんビンゾコなのでいつも「みりん風調味料」で代用しているのでアルコールもバリバリ含んだ本物のみりんをまだ知らないという。)

みんな好き勝手な時間に帰ったり飲みつづけたり駄弁ったり寝ころんだり気絶したりするいつもの猫の集会風になったところで「今日は早朝散歩をする気分とミタ」と天啓を受け取ったような気がした(酒入ると受信感度よくなるよね)ので朝4時に辞去してテクテクと。この時間に歩き出すと始発バンバン出てそうな西宮北口までちょうど1時間くらいで到着しそうな気がしたし(ビンゴ1時間だった)、この辺の街並みは好きなのです。夙川の松並木がいい匂い。あと半月ちょいで桜もすごいことになるだろうからまたくるか。
  1. 2009/03/08(日) 07:23:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/233-438c5f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。