無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2009/02/08

鍵と錠 [日記]

なんであの鍵のことを南京錠言うんかなぁと疑問きたのでWikipediaに聞いてみたら、江戸時代の用語として「珍しい舶来モノ、小さいモノ=南京(南京豆とか)」という意味合いを込めてこの頃伝来した西洋錠のことを「南京錠」と言うたらしい。わざわざ「伝来」を強調するからには対になる言葉もあってそれが和錠で、戦乱が終わってヒマになりはじめた江戸時代初期の武器職人が作り初めたやたらカラクリの凝った鍵と錠があったそうだ。これはそそるな!と思ったらやっぱ収集家がいるらしい。だってメカなパズルだものなぁ。鍵と解錠といえば暗号の複合とかもクるひとにはグッとくるんだろうなぁ。自分はRSA暗号とか説明見るだけで頭痛がしてバカの壁の錠前を解除できんかったのでわけわからなかったが。あ、でもエニグマ暗合機とかなんかグッとくる。しかしこんなに懇切丁寧なJavaアプレットまであるというのになにがなんだかわからない。すいません。
  1. 2009/02/08(日) 15:14:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chibinochibino.blog25.fc2.com/tb.php/219-36c78135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。