無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2010/11/09

F1ブラジルGP2010 [えふいち]

コンストラクターズもドライバーズも大混戦で突入したF1は南半球へ。ブラジルです。インテルラゴス。アップダウン多いので好み。街もサーキットも適度にアップダウンあるところが好きです。真っ平らなところはなんだか息が詰まってのう。なんかこう空に圧迫されているような閉塞感感じるんよ。最近増えてきた新しいサーキットはどこもかしこも真っ平らで残念である(´・ω・`)。というわけで市街地のど真ん中に唐突にデコボコと道を延べ回しているインテルラゴス大歓迎(゚∀゚)。

この終盤は鈴鹿に韓国にと連続して雨がレースウィークをかき回す展開だったんだけど、3戦連続となると強力な雨男がF1関係者にいるに違いない。予選日、またしてもものごっつう雨でした。そしてウィリアムズのヒュンなんとかベルグさん・・・えーとすいません・・・うわしかも間違えた、ヒュンじゃなくてヒュルだった、新人ニコ・ヒュルケンベルグがPP!!レッドブル、フェラーリアロンソ、マクラーレンのPPフロントロー常連の5台後ろにしたがえてPPって殊勲やでー!
しかしレッドブルの破竹の勢いには抗えず、あっという間にヴェッテルとウェーバーに抜き去られ3位になってしまった。その後もずるずると下がっていくけどなかなか果敢なブロック&ライン取りした巧妙な走りが印象的だった。後ろガン見しながら走れるドライバーだったのか!

実の所今回はあまり他で大バトルが勃発することもなく、天気も前日の予選時の大雨からするとうそみたいに安定した晴れ。リウッツィが終盤単独でバクハツしてセーフティカーが入ったくらいで、それでも順位に大きな変動もなく、つまり序盤ヒュン・・・じゃなかった、ヒュルケンベルグをブチ抜いたレッドブルが異次元の高速クルーズで1-2、アロンソが3位という結末。タイトル争い真っ最中だというのに俺ちょっと寝てしまった。まあブラジルの時差きっついから夜遅くて眠かったのもあるけど・・・。
この1-2フィニッシュでレッドブルはコンストラクターズチャンピオンを決めました。オメデトー!
ドライバーズはまだアロンソがトップだけどレッドブルのふたりが8ポイント差2位でウェーバー、15ポイント差3位でヴェッテルと迫っている。ちょうど今回のポディウムと逆さまの順番だ。つまり差が詰まったということになる。これはさらに熱く煮詰まった展開になってきましたよ?ランキング4位のハミルトンも20ポイントちょいでまだチャンピオンシップに残っている。今回でバトンはチャンプ争いから脱落。ここからは4人での戦い。

カラーリングが好きなので応援しているフォースインディアは、なんか今回めっちゃやられメカふうだった。いいところ見なかったなぁ。中段グループの下克上も激しい。
小林は今回もタイヤ交換を伸ばしに伸ばして耐久レースみたいになってて、かなり抜かれていた。
ルノーのクビサもあんましパッとしなかったなぁ。
メルセデスのシューマッハがヒタヒタと速いのがちょっと印象的だった。

次戦最終戦、えーとどこだ・・・アブダビ?はいアブダビです。うわ新しそう。これまた真っ平らなコースちゃうの?アップダウンプリーズ!どうやら去年から開催地になっていて、そのときは午後5時からの黄昏時レースだったらしい。去年は見てなかったからよくわかんないな。どの辺がしかけ所とかわからんので去年のダイジェストでもどっかで見て予習しておくか。最終戦に4人もチャンピオン候補が残ってるなんてなかなかないから大切に観戦したい(・∀・)
スポンサーサイト
  1. 2010/11/09(火) 11:48:57|
  2. えふいち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。