無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2010/11/07

尖閣諸島のビデオの件 [日記]

尖閣諸島沖で日本の海上保安庁の船舶と中国漁船が衝突した一部始終を収めたビデオと思われる映像が先日youtubeにリークして大騒ぎになっている。一昨日早朝だったかしら。
どうも大雑把に
「政府により不自然に隠蔽されようとしていた情報が国民のもとに公開され開示された。民主主義とはこうあるべきである。グッジョブ」
「非合法的な手続きで国の公的機関より重要な情報が流出した。法治国家として看過できない犯罪。イクナイ」
というふたつの主張があってそれぞれ賛同非難両陣に分かれていて喧々諤々に攻撃しあってるけどこれ主張のベクトルがどうにもこうにも別方向でかみあわないし、それにどっちもまっとうな意見だとも思うし、ポカスカ攻撃しあっててもイマイチ意味ないなと思う。
両方だいじ。
なのでなんというか、

「それはそれ。これはこれ。」

というどこかできいた名言を適用して考えたほうが話早いんじゃないのか。
両方の立場を理解した上で、現実的にこの事件が今後どんなふうに影響を及ぼしていくのかをさっさと考えはじめたほうがいい。

自分としては、事の発端は政府が尖閣のビデオ情報を開示しようとせず、隠蔽に徹しようと画策したことにあると認識している。本来公開されるべき情報が隠蔽されていたことが問題の核心。そしてその隠蔽を一瞬で覆した今回の事件。
なのでとりあえず、「国民の情報を隠蔽するとエラい目にあう」と政府が今後理解して行動するようになることを期待したい。
ネットが浸透した社会での情報隠蔽の難しさ、流出したが最後拡散はとめようがない現実を今回痛感したはずである。
「情報隠蔽に対する抑止力としてのネット。それはすでに国民の手に行き渡っている力であり、有力なカードたり得る。」
この認識は社会全体で共有認識とされるべきである。カードの価値はみんなが知らないと勝負にならない。今回だってひどいたとえになるけど「使えば望みはかなう(リークにより隠蔽を打破できる)が呪いをうける(犯罪者になる)」みたいなカードだったわけだし。みんながこのカードの存在を知ってたら、使われなくとも抑止力として持続的に効果を発揮していたはずだ。つまり政府は隠蔽行為に高いリスクがあることをはじめから認識できたはずで、今回のことの顛末はまた違ったものになっただろう・・・と思うんだけどどうだろう。

・・・まあしかし官邸で「衛星通信で飛ばした映像データを北朝鮮に盗まれた」とかやたら難易度の高いギャグ言うてる最中みたいなので・・・まだまだ落ち着くのは先か。
流出主については「犯罪行為だったね。罪はつぐなわないといけないね」と棒読みで一応書いておきます。
以下を反転させても「グッジョブ」とかは出ません。



出ません。でも出ないだけです。


スポンサーサイト
  1. 2010/11/07(日) 00:59:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。