無芸褪色(仮)

BLOCKBLOGからの流浪の民です。なんてこったい。

--/--/--

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2010/10/25

足にできるまめ 誤爆したまめ [日記]

足はまめがまだ痛いし天気悪くて雨パラパラやしぼんやりした週末であった。

・いわしの食い方
昨日ゲットした4尾50円のいわしを全部一気に塩焼きにして食った。うまいぜ。
内臓も取らなかったし、1尾目は丁寧に箸でわけながら食べた。おどろくほど淡白で上品な味。いわしってなんかくどい気がしてたんだが全然そんなことない。・・・しかしいわし小さいんだよな・・・途中から丁寧にほぐすのめんどくさくなって骨ごと内臓ごと食べ始めた。ばりばりと。ふむとたんにワイルドな味わいになった。やはりいわしのあの独特のくどさは内臓だったか。しかし新鮮だったせいかクドくはあるが臭くはなく、むしろししゃものようにこうやって食うものなんじゃないのかというくらい。ばりばりと食いでがあったんよ。カルシウムも過剰に摂取できたことであろう。さすがに頭は残した。
それにしても青い魚はうまいのはいいんだけどロースターがコテコテに汚れるのはいかんともし難いのさ。

・薄味に慣れない・・・
この前あごの煮干しゲットして試してみたらすごく香ばしくてカレー南蛮に投入して大成功だったので、煮干しの出汁を取る生活を送ってくれるわと今度はあじの煮干しを手に入れた。なぜふつうの小さい煮干し(小型のいわしあたり?)から基本を攻めないのかというと、煮干しのちょっと特殊ぽいやつはわりと売れ残っていて半額カゴで出会うことが多いということに気がついたからなのだった。
しかしなんか足りない・・・味が薄い・・・みそ汁で試したんだが、塩たしても味噌たしても薄い味、つまるところ「出汁が弱い」という感想が。前回はカレー南蛮なんて強い香りのものにいれたので気がつかなかったんだが出汁本来の実力が一番よく分かる薄味の食べ物(今回はみそ汁だったが)で味をちゃんと堪能できてない。半日は水に漬けてるしまだ使い始めで不慣れだとはいえ出汁はしっかり出ているはず。つまるところこれはずっと使ってきた「出汁の素」の化学調味料で舌がバカになっているとしか。ちょっとショック。しばらく薄味でリハビリすることに。

・メール便が誤爆してた
なんか通販で買うたひよこ豆がなかなか届かないなー(小口パックでメール便)と思ってたら二つとなりの部屋のポストに誤爆されていたことが発覚。ポストからはみ出す大きさなのにビニルバッグインでドアノブひっかけという丁寧配達をケチって横着したのかぐしゃぐしゃにおりまげて投函されてたそうで荷姿がベコベコだった。電話でどゆことやねん、と言うたらわりとすぐ丁寧な対応が入ったのでまあいいかと。中身大丈夫だったし。しでかした配達員氏はコッテリ絞られたことだろう。今後安全になるならよし。しかしやっぱどの物流会社のでもメール便て事故が多いのか?紛失、異常遅延、誤爆とバラエティ豊かにやられているのでそろそろ疑心暗鬼である。

・一ヶ月分のギャンブル
米がそろそろ尽きるところだったので補給10キロ。だいたい3000円くらいかなぁと思っていたらどういうわけか2200円のものをゲット。「ちょっと粒が小さいけどふっくらおいしいお米です」とのことだがさてうちの炊飯器との相性はどうだろう。パサパサだったりしたら涙の一ヶ月になるな。

以上、どういうわけかめしの話ばかりになった。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/25(月) 02:16:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2010/10/25

F12010韓国GP [えふいち]

今年新造のサーキットで初開催、そのサーキット建設が遅れに遅れて開催1ヶ月前にまだ最上層の舗装が終わっていないとか暗雲立ちこめてたんだが、なんとか開催こぎつけた韓国GPをBBCで観戦。

それにしても本当に危ないサーキットで、コースとピットロードの分岐点/合流点がタイト過ぎるし、案の定敷きたてのアスファルトがまだ脱脂不十分だったせいかフリー走行のときにここで奇妙なコースアウトする車続出。さらに緩衝地帯の芝生も全然根付いていないかまったく敷かれていなくてあちこちホコリだらけで、セーフティカーまでコースオフする珍事もあったそうだが・・・。

しかしほこりもあぶらも関係なかった。
決勝日、大雨だった。すごい雨。
全然排水が追いついていないのか、フォーメーションラップからすでに各車のオンボード映像、まっしろでなんにも見えないレベル。自車の前輪も見えないとかものすごい水煙祭りで、開始3周か4周であっさり赤旗。ここから延々セーフティカーが17周あたりまで入る。新しいコースだし、どこがみどころかぬきどころか、初めの何周かで覚えようとしたんだがもう本当に水煙がすごくてそれどころではない。やることなくてここでうっかりうたたねした。
で、急に実況がにぎやかになりはじめた?Σ( +д+)というのでセーフティカー退場に気づき観戦再開。と、2位走行、チャンピオンシップ首位のレッドブルのウェーバーが縁石で股を開いて挙動を見出し派手に一回転。そこにメルセデスのロズベルグが避けようもなく追突してしまいまたしてもセーフティカー。結局全55周のうち半分近くをセーフティカーが走っていたような・・・実際どんくらいだったんだろう。なんにせよセーフティカー先導がいかに長かったのかというとファイナルラップが最後日没に引っかかるくらいまで押してしまったくらい。鈴鹿八耐かよ?という。
レッドブルはこの試合悪夢だっただろうな、という全滅のリザルト。スタートからトップ独走してたヴェッテルもウェーバーに続いて退場。彼は終盤にエンジンが火を吹いた。「ここで事故が起こったら危なそう」という両側コンクリートウォールのストレート(なんであんな殺人的なコースにしたんだ?)での出火だったがなんとか退避路に。マーシャル駆けつけず。ヴェッテル自ら消化器で消火。すげぇ危ねぇ。予選フロントロー独占という布陣からあまりの暗転ぶり。かわりにフェラーリがポディウムに二台とも登るし、残り2戦を残してチャンピオンシップ争いはドライバーズもコンストラクターズも完全に混沌としてきた。
ちなみにファイナルラップでトップのアロンソがコントロールライン帰ってきたときにチェッカーフラッグ降る人がだれがトップだか全然把握していなかったらしくアロンソは走りすぎてからチェッカーを背中でうけるというすごい失礼なことになっていた。

めだっていたのがフォースインディアのスーティル。あちこちでかなりプッシュしてたんだけど、エスケープゾーンの広さにかまけて一か八かみたいなオーバーテイクしかけているように見えた。なんか危なげ。そしてザウバーの小林のインを刺したところで挙動を乱して側突しつつコースオフ、リタイア。インパクトの瞬間けっこう細かい破片が散ったから心配だったが小林車はダメージ大丈夫だったようだ。ほっとしたり。

9台リタイアの大荒れのレースだったけどだれも怪我しなかったのが本当になによりでした。
大雨のレースはおもしろいものだけど、なんか心配することが多すぎてハラハラしてレース観戦を楽しむ余裕がなかったです。orz
次は南米ブラジルだな。たのしみなんよ!
  1. 2010/10/25(月) 00:30:48|
  2. えふいち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。